金属加工に欠かせない!酸洗いを理解しよう

酸洗いの必要性とは?

酸洗いとは、酸を使用して金属を洗浄する処理のことを指します。酸洗いでは金属製品を酸性溶液に漬けることで、表面に付着する酸性物を洗浄・除去します。主に硫酸や塩酸などを用いて処理するため取り扱いには注意が必要です。一般的に熱処理された金属製品の表面にはスケールと呼ばれる酸化物が生まれます。その為スケールや錆を取り除くことを目的として酸洗いは欠かせない処理となっています。何故ならば、金属製品にメッキ加工を施すにあたって酸洗いを行わないとしっかりと密着させることができず、不具合を起こすからです。しかもチタンの場合、表面の酸化物をそのままにしておくと研磨を施しても光沢は生まれません。酸洗いは金属加工を行う上で必要不可欠な工程です。

酸洗いで必要な工程とは?

酸洗いは美しさだけでなく、作業の簡素化を促します。加工する金属の表面を整えることで、研磨作業をスムーズに行えます。加えてメッキ加工や蒸着工程を行う際にも必要不可欠で、金属工程の下地造りともいえる役割を担っている重要な工程です。一般的に酸洗いでは、まず脱脂洗浄を行い水洗いします。次に酸洗処理を行い水洗いをして中和させ、さらに水洗いが必要です。その後純粋洗浄を経て乾燥となります。ただし酸洗いを施した後の金属製品の表面は、腐食しやすい無防備な状態となっているのが特徴です。その為、鉄鋼素材などの錆を生み出しやすい金属はすぐさま防錆処理を行う必要があります。また酸洗い処理で発生した排水は、環境保護の観点から正しい排水処理を行わなければなりません。

リン酸処理とは、鋼鉄や亜鉛のメッキ製品などを、リン酸イオンと亜鉛イオンを主成分とする溶液と反応させることにより、金属表面に不溶性のリン酸亜鉛結晶による皮膜を形成させることをいいます。