金属をより美しく!目からウロコの酸洗い

酸洗いとはどんなもの?

酸洗いとは、金属加工に欠かせない酸性の液体を使用した金属表面の洗浄方法です。金属製品は酸性の溶液につけることで、表面に付着している酸化物を洗浄して除去することが可能です。酸性液体として主に使用されるのは、塩酸や硫酸です。金属製品は熱処理を行うと必ず酸性皮膜ができてしまいます。酸洗いをすると、この酸性皮膜を落とすことができるのです。
例えば、チタンを加工する場合には、表面の酸性皮膜をある程度取り除かないと、バレル研磨をしても光沢がうまく出ません。その他の金属においても、酸洗いを行わないと、酸性皮膜やサビによってメッキ加工などをしてもメッキが上手く乗りません。そのため、金属の表面を加工する際には必ず酸洗いを行うのです。

金属がより美しくなる

酸洗いでは熱処理を行なった金属の表面に発生した酸性皮膜や錆を綺麗に落とすことが可能です。そのため、酸洗いをしないで金属の表面加工を行なった場合と比較すると、酸洗を行なった方が格段に綺麗な仕上がりとなります。
また、焼き取り剤やサビ落し剤を使用して、酸性皮膜や錆を落とす手間も省けるのです。特にメッキの前処理などでは必ず酸洗処理を行います。チタンなどを研磨するときには、酸洗いをして表面の酸化皮膜層をある程度とってあげないと、全く光沢が出ないのです。
一般的な工程としては、脱脂洗浄、水洗い、酸洗処理、水洗い、中和、水洗い、純粋洗浄、乾燥の工程にて作業が行われます。酸洗処理を行うときには、塩酸や硫酸などの危険性のある薬剤を取り扱うため、設備を含めた安全対策も大切です。

酸洗とは、金属製品を硫酸や塩酸といった酸性溶液に漬けることで、表面に付着しているさびなどを洗浄・除去する方法のことです。